2014年10月10日

【茶房まだま村】隠れキリシタンの里にひっそり佇む竪穴式住居で縄文ランチ

こんな山奥に本当にカフェが…
と心配になってくる頃、茅葺屋根がふっと目に入ります。

茶房まだま村

なんとも立派な竪穴式住居
狐か狸に化かされたような、
ここは桃源郷なのかという気分に陥ります。

茶房まだま村

大阪の茨木の山奥にあり、この辺は隠れキリシタンの里として知られているそうです。
ここにいると、今でも隠れキリシタンが潜んでいるんじゃないかと(もう隠れる必要はないんですけどね 笑)いうタイムスリップしたような気分になります。

茶房まだま村

茶房まだま村

こちらは事前予約が必要な、一日20食限定の「縄文ランチ」
食後のコーヒーは+300円。

茶房まだま村

自家製および近くの農家で採れた野菜に、味噌・塩・醤油・砂糖他、すべて無添加という、
「縄文」の名前にふさわしい内容。
しかもご覧の通り盛りだくさんの心づくし

茶房まだま村

2階?に上がることもでき、ちょっとした絵が飾ってあったり、
ひっそりと地球儀が置いてあったりと、不思議なアート空間のような…。
純和風の竪穴式住居なのに、ここから宇宙に繫がっているような、不思議な心持ち。

こんな山奥なのに、ライブやピアノコンサート、縄文ファッションショーなども催される事があり、ちょっとしたイベントスポットにもなっているそうです。

まさに、秘密の隠れ家と言って過言ではないカフェです。
茶房なので、もちろんお茶やケーキ(かぼちゃケーキやリンゴケーキ等)もありますよ。
時間を忘れて、の〜んびりゆるゆるしに行ってはいかがでしょうか。


お店情報
名前:茶房まだま村
所在地:大阪府茨木市千提寺428
営業時間:11:00〜 17:00
定休日:毎週 月曜&火曜日
※この記事掲載時の情報です。

ブログランキングに参加しています。
今後も記事増えるといいなぁ〜と思った方、他にもいいカフェをお探しの方は、
ぜひ下記バナーをクリックしてくださいね




この秋待望の第3巻が発売され、堂々完結!
  
posted by カフェずきん at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

【SEWING TABLE COFFEE】星ヶ丘洋裁学校の奥に続くカフェの道




SEWING TABLE COFFEE(ソーイングテーブルコーヒー)。

SEWING TABLE COFFEE

このカフェは大阪枚方市星ヶ丘にある、
星ヶ丘洋裁学校の門をくぐり、奥へ奥へ一本道をたどっていくと、
誰もがハッとする佇まいで姿を現します。

SEWING TABLE COFFEE

こんな空間が存在するなんて…

SEWING TABLE COFFEE

風のざわめき、木々のゆらぎ・色彩、草そして珈琲の匂い…
眠っていた五感がざわざわと蘇る。
私、ずっとここに来たかったのかも。

SEWING TABLE COFFEE

SEWING TABLE COFFEE

晴れの日は外で自然に囲まれながらのカフェ。

SEWING TABLE COFFEE

雨の日はカフェの中で雨音を聴きながら。

SEWING TABLE COFFEE

SEWING TABLE COFFEE

カフェはこんなにまで自然体でいられるんだ…

昔好きだった絵本14ひきのねずみシリーズの世界観ってこんな感じかも…
そんな事をぼんやり思いながら、夕暮れを迎える。

遠く離れても、忘れがたい『SEWING TABLE COFFEE』

お店情報
名前:SEWING TABLE COFFEE  (ソーイング テーブル コーヒー)
所在地:大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学園内
営業時間:11:00〜18:00
定休日:月、火




ブログランキングに参加しています。
今後も記事増えるといいなぁ〜と思った方、他にもいいカフェをお探しの方は、
ぜひ下記バナーをクリックしてくださいね




この秋待望の第3巻が発売され、堂々完結!
  
posted by カフェずきん at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。